スパーキー佐藤の「射精対策」

スパーキー佐藤の早漏対策では、射精しそうになってしまった時にこれを我慢する方法を「射精対策」と呼称しています。

 

⇒射精対策を動画で見る

 

早漏改善の鍵は「刺激対策」と「興奮対策」

さてこの「射精対策」こと射精を我慢するための方法ですが、これは早漏の改善を行う上では最も重要度が低い事と言って良いと思います。

 

こう聞くと早漏でお悩みの方の多くは驚かれるのではないのでしょうか。むしろ射精を我慢する事が最も早漏の改善に効果がありそうだ、最も手っ取り早い方法と思っている人も少なくないかもしれません。それが早漏で悩んでいる方が自己流で何とかしようと思ってもダメな理由です。

 

 

 

射精は絶対に我慢が出来ない

性欲の対象に欲情し勃起したペニスはセックスやオナニーの刺激で快感を感じ、性感はどんどん高まっていくとやがて射精しそうになり、さらに刺激を続けると射精します。
この快感が高まって「射精しそう」となってしまったら、もう射精を我慢する事など出来ません。

 

そこまで快感が高まってしまったらもう無理なんです。どう我慢してもダメ。
一旦セックスやオナニーを止めて落ち着かせても、再びペニスに刺激を与えるとまたすぐにイキそうになるので結局ダメ。こんな経験は男性なら誰でもあるでしょう。実はそうなんです。

 

じゃあ「射精対策」というのは何の意味があるのかというと、ほんの少しだけ射精までの時間を延ばせるというものでしか無いのです。AV男優は監督の習ったタイミングで狙った場所に射精をしなくてはなりません。しかも1発勝負で失敗は出来ない。
だからこんなほんの少しのタイミング調整も必要になるのでしょう。でも普通の男性には必要はまず無い。

 

よく早漏の対策法として知られる「PC筋を鍛える」というのはこの射精対策の1種に過ぎませんので、これで早漏を改善しようなんて思ってはダメです。

 

早漏の対策法とは

では早漏の改善方法とは何かというと、
「射精しそう」という状態にならないよう、その一歩手前をキープする事なんです。

 

オナニーならオカズを観賞して、セックスならパートナーに前戯を行っている内にペニスはギンギンに勃起してムラムラしてきますよね。このペニスに刺激を与え始めた直後ってとても気持ちよいけどまだ「射精しそう」とはなってませんね。この状態を出来るだけ長くキープ出来るようにする事ですぐには射精しないようになるのです。

 

このために必要なのが「刺激対策」と「興奮対策」のトレーニングです。
「射精対策」による射精我慢の能力はあくまでもオマケにしか過ぎないのです。